脈あり・脈なしの男心

愚痴聞くよと言ってきた男性の本当の狙いは何?親切なのか、下心なのか

愚痴聞くよという男性「俺で良かったら愚痴聞くよ?」

何と素敵なセリフなのでしょうか!
こんな優しいセリフ言われたらめっちゃうれしいですよね。

僕だってもし女の子に「私で良ければ愚痴聞きますよ!」みたいに言われたらクラッと来ちゃいます(笑)

でもちょっと冷静になると「おいおい、そんな明らかに優しいのってなんでなんだぜ?」って思いますよね。
優しい言葉の裏には何かとてつもない恐ろしいものが隠れてるんじゃないか…みたいな。

本当に親切心で言ってくれたり、さらに言うなら好意があるからこそこういうセリフを言ってるのかもしれない。
けれど、ただ優しい言葉を投げかけた裏には下心しかないのかもしれない。

一度そう考えてしまうと「愚痴聞くよ」の真意が気になっちゃいますよね。

今回は僕目線で愚痴聞くよという男の心理を解説しますよー!

  

愚痴聞くよって彼には何のメリットが?

冷静に考えたら他人の愚痴を聞くって何が楽しいの?って思っちゃいますよね(笑)
それでもなぜ彼は愚痴聞くよと言ってくれたのでしょうか。

生まれながらにして他の人の愚痴を聞いて悩みを解決するのが好き…という訳ではありません。
そこにあるのは好意とちょっとした下心と自己満足です。

あなたに対して愚痴聞くよと言っているのは、彼はあなたに頼られたいと思っているからです。
力になりたい、とまで言ってしまうとちょっと大げさですけど。

僕も愚痴聞くよとかそれに近い言葉を女の子に言うことがありますが、それって嫌な相手には当然ながら言いません。

「元気になってほしいな」とか「何かできることないかな」とか。
こういう気持ちから愚痴聞くよと伝えています。

これって社交辞令でもないです。
本当に愚痴くらいだったらいくらでも聞いてあげるというつもりで言ってます。

ただ、愚痴に対する解決策を出せとか何度も何度も愚痴を聞かされるとかだとうんざりしちゃいますけど(笑)

愚痴聞くよという言葉にどこまで好意が含まれているか

愚痴聞くよ、という言葉。
僕は好きな人以外の女の子にも結構言っちゃいます。
同年代の女の子とか職場の後輩とかね。

先ほどもお伝えしたように嫌いな相手には言いません。
でもある程度好きな人なら愚痴聞くよって言います。

言うなれば”love”までいかなくても”like”レベルの相手になら言うということです。

言われたほうからするとかなりドキッとする言葉ですが、言ってる方からするとそこまで踏み込んでる気持ちはないですね。

…と、自分で言っといてなんですが、女の子側からもし愚痴聞くよと言われたら僕もかなりドキッとするので本当に「愚痴聞くよ」って罪作りな言葉ですね(笑)

自分に酔ってることもあります(笑)

あと、愚痴聞くよという言葉の裏には自己満足感があることも隠さずお伝えしておきます。

例えば
僕「愚痴聞くよ」
女の子「ありがとう。優しいね」
って会話が繰り広げられた時。

僕は自己満足浸ってます(笑)
「おれ、優しいんや~」って。

これで優しい男アピールしてたりとか、女の子に対して優しい自分に対して酔っている部分があるのは否定しません。
メイン目的ではないけれど、でも確実に自分の中にある感情です。

自分を頼ってほしいという気持ちの中にはやっぱり人に好かれたいって気持ちはありますしね。

このように打算的な部分はあります。
けれど先ほども伝えたように決して社交辞令の言葉ではないし、本当に愚痴を聞いて楽になれるなら…という気持ちで言ってます。

僕の中では「愚痴聞くよ」って決して安っぽい言葉じゃないですから。

まぁそれでも下心メインの男はいるけどさ

僕は共感しませんが、「愚痴聞くよ」という言葉を女の子に近づくための手段として使う男はやっぱりいます。
数は少ないでしょうけどね。

それこそ「優しい男アピール」がメインになっちゃってるということですね。

本当に愚痴聞くよという男は愚痴を聞いた後、そこから前にグイグイ行かないのです。
向こうから愚痴を言いたいなら聞く。
聞いた後はそっとしておく。
これが本当に相手のためになりたいと思う愚痴を聞く男の行動です。

愚痴を聞くよという言葉を口実にそっからグイグイ接近してきたら下心込みの男かもしれません。

ま、下心も広い意味ではあなたに対して好意を抱いているということですし、乗っかるのも一つですけどね。

まとめ:愚痴聞くよに込められた気持ちとは…

今回お伝えしたことをざっくりまとめると…

  • 愚痴聞くよという言葉はあなたに頼られたいと思っているから
  • 好意はあるけれどloveとは限らない。likeレベルでも言うことはある。
  • 自己満足的に言ってる面は確かにある。でもそれが主じゃない。
  • 下心で言ってる男はその後の行動に注目すべし。純粋に頼られたい人はその後グイグイこない。

愚痴聞くよという言葉って適当な相手に適当な気持ちでは言いません。
言う相手は選んでます。

頼られたいという気持ちの裏には確かに自己満足とか優しい自分に酔ってる部分はあります。
でもメインじゃないです。本当に愚痴吐いてほしいと思って伝えてます。

男としては素直に受け取ってほしいなと思いますね。

とりあえず今すぐに彼の脈あり・脈なしの心理を知りたいなら

彼の分かりにくい行動から脈ありや脈なしの心理を掴むのって大変ですよね。

脈ありなのかな…。脈なしなのかな…。このままアプローチしてみてもいいのかな…。

今回ご紹介したような心理を勉強したり、自分で彼の心理をあれこれと考えたり。
それってとても大事なことではあるんですけど、でも考えても答えが見えない時ってありますよね。

僕も自分自身の恋愛で考えて悩んでそれでも答えが出なかった時があるんですね。
次何をすればいいか全くわかんなくなった時が。

そんなとき、僕がどのようにして答えを見つけたのか。
それは今回紹介したような心理を自分で考えるのとは全く別のアプローチでした。

ちょっと裏技っぽい方法ではありますが…。
とにかく今すぐに彼の気持ちに気づくためのきっかけを手に入れたいのであれば、使ってみる価値はありますよ。

次の記事にて紹介していますので、ぜひご覧ください。

⇒本気で彼の心を掴みたい人へ

恋女の味方
ぽらる@恋女管理人
ぽらるです!
色んな恋愛の場面での男性心理を「僕自身どう考えるか」を大切にブログでお届けしています。
僕の記事が少しでもあなたの恋路に役立ちますように!
\ Follow me /