脈あり・脈なしの男心

自分から連絡しないのに返信は早い男のシンプルな理由を僕が教える

自分から連絡しないけど返事は早いメールやlineで気になる男性とやり取りするときは心がウキウキしますね。
彼が自分のために言葉を紡いでくれる。
自分が投げかけた言葉に彼が反応してくれる。
Lineというツールが身近過ぎてなんかありがたみが薄くなってますけど、冷静に考えて二人きりでメッセージのやり取りをしてるって超テンション上がることですよ。

でも、好きな相手とやり取りをする、ってだけじゃあなかなか満足できないのもまた恋心。
やはり気になっちゃうのが相手がどれくらい自分とのやり取りに前のめりか、ということです。

相手も自分がウキウキなのと同じくらいのテンションでやり取りしてくれれば最高です。
でも相手はそんなに自分とのやり取りに前のめりじゃないとしたら…。
それは切ないですよね。

例えばlineを送るのはいつも自分から。
彼からはほとんど送ってくれない…。

こんな風に連絡が一方的になって相手からはほとんどないという状況だと「自分の片思いかも」なんて思っちゃいますよね。

ただ僕は相手のことが好きでも自分から連絡しないことも多いです。
前のめりなのに自分から連絡しない…それってどういうこと?って思いますよね。

その理由はすごく複雑…ではなくて、すごーーく単純です。

  

自分から連絡しないのは何を言えばいいかわからないから!

うん、単純にですね。
何を送ればいいかわからないんです(笑)

そりゃあね。
例えば渋谷のセンター街とかで毎週末女の子に話しかけてるようなイケメンやらチャラ男(もう死語?)ならlineのメッセージもお手のものかもしれませんよ?

でも、僕みたいな普通の人は気になる女の子とラインするってなったら慎重になるに決まってるじゃないですか!
文章で残るんですもん。

「相手がこの話題に食いついてこなかったらどうしよう」とか。
「なんか変にスベったらやだなあ」とか。
そんな風に考えて、頭の中に浮かんだ「これ送ろっかな」もすぐに「いや、やめとくか…」になってしまいます。

それだけじゃないです。
いざ送る内容が決まったとしても『、』や『。』の使い方はもちろん、
「ここは!入れとくか?」「。。。にしてちょっと柔らかめにしとく?」
みたいなことを考え出したらどんどん頭の中がこんがらがって送れなくなります。

そんで考えた末に「あー、もうよくわかんないから一旦相手待ちで!」みたいなパターンもそれはそれは多いです(笑)

逆に女の子ってその辺度胸があるというか、好きな人相手でも(少なくとも表面的には)普通な感じでラインを送れる子が多くて僕からするとすごいなあ、ってよく思ってます。

それでも返信が早いのはその人なりに前のめりだから

自分から連絡はできない人でも返信が早いのであれば、それは十分前のめりになっていると見ていいですよ。

少しでも相手に良く思ってもらいたいから、Lineを送るのは慎重になるし、返事は早くする。
うん、いい人ですね(笑)

僕はLineの返信が早いとか遅いとかってことと彼の脈ありや脈なしには関係はないと考える人です。
だから彼発で連絡が来ないことを脈なしと結びつけるのも、返事が早いことを脈ありと結びつけることもどちらもないです。

でもね。
僕は『恋愛は自分に都合の良いことを積極的に集めるべし』という考えの持ち主でもあります(笑)

そしてこの『返信が早い』ということ。
返信が早いということはやり取りそのものは嫌じゃないということです。

だから返信が早いことは彼からの好意的な反応、ってことにしちゃいましょう(笑)
というか実際面倒だなと思えばあえて未読無視にして時間を置くという選択肢だってあるわけですよ。
あるいは無視してそのまま、ってこともね。

それでも返信が早いってことはマジでプラスですよ。

ちなみにこんな風に相手からは連絡こないけど、返事はある、って場合。
たまに困っちゃうのがLineのやり取りの終わらせ時です。
僕の女友達も「せっかく返信はあるのだからこっちが投げかけて終わりたい!」って言ってたりします。

そんな彼とのlineの終わらせ時のタイミングはコチラの記事で解説しています。
合わせて読むともっと肩の力を抜いて彼とlineのやり取りができますよ。

彼はlineを”自分から送るのが苦手”で”返すのは苦手じゃない”人なんだ!と割り切っちゃえばいい

彼から連絡がないことに不安は感じるでしょうし、彼からもグイグイ来てほしいと思うのはちっともおかしなことではありません。
でも、そのためにわざと連絡を取らないようにしたりとか、変な駆け引きをする必要はないですよ。

少なくともやり取りがあって、それなりに盛り上がっているのであればOK。
彼とのやり取りは「そういうもんなんだ」って割り切っちゃってこのままのスタイルで突き進めばいいですよ。

「好きだったら彼からもっと積極的に動いてくれるはず。Lineだって彼からもっと送ってくれるはず」なんて”正解”を決めつけちゃうと
『彼は気がないんだ、脈なしなんだ』と落ち込んじゃうんです。

男女の恋愛は型にはめられません。
あなたの好きな彼が「いいね!」がつきそうな恋愛エピソードに出てくる教科書通りの男性なわけもありません。

男の僕が言うのもなんですが、男ってそんなに良いやつばっかじゃないですよ(笑)

「~なはずだ」「~べきだ」からは一旦離れて、あなたと彼の”二人のノリ”を大事にしていけばいいんです。
あなたと彼にはあなたと彼だけの空気感があるんです。
Lineのペースだって同じです。

むしろ「彼ってば好きな人とLineをする時は『変なこと言わないように』って慎重になるのよ。そのくせこっちからLineしたらすぐ返してくれて。かわいいなぁ。そんな可愛い一面を知っているのは私だけなのよウフフ」くらい思うべきです。
恋愛はそんな風に「これもない。あれもない」思考よりも「こんな彼の一面を知れた!」思考のほうがうまくいきますよ。

そんな風に考えていると不思議と男の側も「これくらいだったら踏み込んでもいいかな」って思ってきて、少しずつ連絡が増えてきたりするのです。

返信があることをポジティブに考えるべし

ここまでを一旦まとめると

  • 好意を持つ女性に対しても、自分から連絡しないことはありうる。何を送ればいいかわからないから。
  • 返信が早いのであれば、少なくともやり取りを嫌がってない。彼なりの前のめり。
  • 彼から積極的に来てほしい気持ちはわかるが、少なくともやり取りが盛り上がってるならこのままの状態でも全然オッケー。

確かに自分発信じゃないと「積極的じゃない…。脈なしかな」なんて思っちゃいますけど、それで勘違いしてあなたから引いてしまうともったいないことになるかも。
彼の行動の裏にある心理を読み取っていくといいですね。

まぁそれにしても…。
こんな風に好意があるのかないのか、わかりにくいのって困っちゃいますよね(笑)

でも彼の心理をおさえていけば、必ずチャンスはあります。
だからこそ、「なるようになるか」なんてのんびりしないほうがいいです。

そんな彼の心理ですが…。
今回のように個別のケースから彼の心理を把握する方法もあるのですが、全く別の方法で彼の心理を把握する方法もあります。

僕も自分自身の恋愛で相手のことがわからなくなった時に使ったことのある方法です。
個人的にはあまり好きじゃない方法ですが、どうしても相手の気持ちを知りたい!って時には役に立ちます。

どんな方法でどのような体験を僕がしたのか?
その辺りの話は次の記事にて詳しくお話ししています。

シチュエーションこそ違いますが、「相手の心理を知りたい!」という部分は同じです。
きっとあなたの役にも立ちますよ。

恋女の味方
ぽらる@恋女管理人
ぽらるです!
色んな恋愛の場面での男性心理を「僕自身どう考えるか」を大切にブログでお届けしています。
僕の記事が少しでもあなたの恋路に役立ちますように!
\ Follow me /

POSTED COMMENT

  1. まさみ より:

    39歳の独身です。
    なかなか男性目線でアドバイスいただける場がなく、管理人さんのブログを見つけた時は本当に救われるような気持ちでした。
    長文で大変申し訳ありませんが、私の情けないお話を聞いていただけるとありがたいです。

    私には10年以上お付き合いしている14歳年上の彼がいます(A)。
    しかし、9歳年下の男性(B)に好意をよせてしまい、一度だけ関係をもってしまいました。

    AとBはともに飲食店経営でお店も近いこともあり、仕事が落ち着くとお互いのお店に1杯飲みに行く仲です。私もAに連れられてBのお店に行ったのが最初の出会いでした。

    Bは出会ってほどなくして、私に好意のあるような言動が多くなってきました。
    私は最初そんなBに対して「職業柄こういう事言う必要もあるのかも」「職業柄こういう性格なんだろうな」「軽いなぁ」「若いなぁ」と思うくらいでした。
    しかし、好意を感じる言葉を会う度に言われ続けると、単純ですが私も次第にBに惹かれていってしまいました。

    逆に年上のAはそういう甘い言葉を簡単には言わないタイプ。
    しかし50代で包容力のある、安定したAとのお付き合いに私もとても幸せを感じていました。

    そんな時、Aが手術のために1ヶ月ほど入院することになりました。
    私はその間、Bのお店に数回飲みに行きました。正直Bに会いに行くのが楽しみで仕方なかったのです。

    Aがいずれ退院し戻ってくることもわかっていたはずなのに、ある時私はBへの気持ちが抑えきれず抱きついてしまい、そのまま男女の関係を持ってしまいました。

    もちろん、Bを意識し始めてから関係を持つ前まで非常に葛藤しました。
    なのでBには「Aと付き合っている」ということはちゃんと伝えていたのですが、Bを好きな気持ちが溢れてしまい、関係を持ってしまったのです。

    正直、関係を持ったことで私は「終わったな・・・」と後悔しました。

    それからAが退院して、またいつものようにBのお店へ一緒に飲みに行ったところ、やはりBの態度に以前の積極的な勢いはなく、私とは話しづらそうな感じでした(当然といえば当然ですが)。

    ワガママですが、私としてはAも大切な人であり、Bも大切な人。

    なので私はこの状況に責任や危機感を感じ、
    『あの日のこと、ごめんなさい。自分が情けなくてBの顔もまともに見れなかった。私がまたあなたに失礼なことしたら、正直に嫌と言っていいからね』
    と、BにLINEで謝罪をしました。

    しかし、Bの返信はそっけないものではなく、
    『なんかすごい気ぃ使ってるなぁって思ってました』
    『この間も他のお客さんいたし、まさみさん気を使って早く帰ったんだなって思いました』
    『僕は大丈夫です!これからも普通に楽しくやっていきましょうよ!』
    と、いう返事でした。

    Bは自分からLINEをしてくる人ではありませんが、その後も私からLINEをすると、お店で会うときの態度とは打って変わって普通のテンションですし、そのうえ返信がとても早いのです。

    BのLINEの文面と、実際に会ったときのテンションに少しズレがあるように感じるのですが、管理人さんとしてはこのBの心境をどう考えますでしょうか?

    • 管理人 より:

      まさみさん

      こんにちは。管理人です。

      なんというかドラマになりそうな恋愛をされていますね。
      三人が三人ともお互いを大切に思っているというのがまた素敵ですね。

      Bさんの態度がお店とlineで違うのは2つの心理があると思いました。

      まずAさんがいる前でLineのテンションで話したら確実に変な感じになるというのが1つ。
      自然に、自然に、と考えてもどこかボロが出るかもしれないのであれば、Aさんの前ではおとなしくしておく方が無難でしょうしね。

      また、まさみさんに好意を持っているとはいえ、Aさんのことを思えば
      やはり踏み込みづらい、バツが悪い気持ちも彼の中でもあるのではないかと思います。
      お店での態度はそういう部分の表れでしょう。

      そしてやはり一線を超えたということでどこか気恥ずかしい気持ちがあり、
      いわゆる「目を見て話せない」感じの気持ちになっているというのが1つ。
      例えば他の人がいないような場所で二人きりで話すような状況であっても、
      恐らくそのタイミングではなかなか彼のほうは気恥ずかしくて話せなかったかもしれませんね。

      恐らく彼の中の好意はしっかりまだあると思います。
      しかしその好意をここから形にしていくかどうか、というのは
      やはりAさんの存在もありますし、どうBさんが判断していくのかというのは僕にはわかりませんけどね。

      せっかく素敵な殿方に囲まれているのですから、どうぞ恋を楽しんでください。
      もちろん楽しみすぎて火傷しないように注意することも忘れずに。

  2. まさみ より:

    管理人さん、貴重なご意見本当にありがたく思います。読みながら泣いてしまいました。
    誰にも相談できず苦しかったのですが、親身になってアドバイスをくださったこと、本当に感謝しかありません。

    「バツの悪さ」「Aの手前おとなしく」「気恥ずかしさ」・・・やはり、そうですよね。
    Aの退院後飲みに行った際、私とAを目の前にして、Bはどれだけやりづらかったかと思うと、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

    LINEのやり取りはあるものの、いざ顔を突き合わせた時に、お互い遠慮がちになってしまうことが今は一番辛いです。しかし、こればかりは全部私の責任ですから、誰にも文句は言えませんし、今後はBが安心できるように私が努力しなくてはいけないと思っています。

    Bはもともと幼馴染や同級生などの友達が男女関係なく多く、私がお店に行くと誰かしら友達が飲みに来ています。交友関係が広いだけにもしかしたら、そのうち彼女ができてしまうという可能性が大いにあることも考えなければいけないと思っています。

    しかし、
    >恐らく彼の中の好意はしっかりまだあると思います。
    という、管理人さんのこの言葉に泣いてしまいました。もしそうだとしたら本当に嬉しいです。
    もし今度Bのお店に行ったときには遠慮してこわばった顔をせず、また以前のように笑顔で接してみようと思いました。

  3. やびー より:

    こんにちは。まさにこのような状態で悩んでいたので、参考になりました。ありがとうございます。
    その彼は恋活サービスで出会った方で、2回デートをしています。好きなものも似ているのでお互い楽しく過ごせたと思います。デートの後も向こうから「楽しかったので次は一日スケジュールを合わせたい」「とっても楽しい休日だった」とラインが来ました。
    ただ、連絡はいつも私からで……先日もあまりに来ないので耐えかねて会話をスタートさせてお誘いしました。「ぜひぜひ!」と相変わらず反応は良さそう……でも今月は予定が埋まってるからとけっこう先に(ちなみに趣味に熱心な方です)。そしてそれまできっとラインも来ないことでしょう。その月になっても、また私からデートの件で連絡をしなければ流れるかもしれません。もしかして私に興味はないのかも。
    全てのアクションが私からで、正直疲れてきてしまいました。
    彼が自分で「熱しにくいので関係を深めるのに時間がかかるかもしれない」と言っている人なのですが、どうなのかしら…と。そんな男性にどうアプローチしたらよいか分かりません。よければアドバイスをください。お互い20代後半です。

    • 管理人 より:

      やぴーさん

      こんにちは。管理人です。
      代表してこのコメントにお返事しますね。

      彼と知り合ってデートを重ねてフィーリングも合う感じではあるけれど、
      あんまり彼から前のめりな感じで来てくれなくて、それが不安なのですね。

      基本的には彼がそんな感じのタイプであれば、
      開き直ってもうやぴーさんが引っ張ってあげるくらいの気持ちでいたほうがいいとは思います。
      うまく自分から誘えない男の人ってやっぱりいますし、
      女の子が元気に彼を振り回すくらいの感じで付き合ってうまくバランスが取れてて幸せそうなカップルもいますから。

      ただ、ずっと彼を引っ張ってあげてそれに彼が甘えてしまっても困るので、
      時には拗ねたりチクッと不満を言うのも大事だとは思います。
      「ぜーんぜん、○○くんってデートのお誘いしてくれないねー」みたいな。

      感覚的には8:2くらいでやぴーさんが引っ張る:彼に引っ張らせる、って感じがいいかもしれません。

      が、それももうちょっと先で今はとにかくどっちが誘うにしても
      会えてデートして楽しい時間を過ごすというのが何より大事だと思います。
      そうしている中で彼の言う所の「熱」が盛り上がってくるかもしれませんし。

      彼から引っ張らせるのはまだ先のことだと思います。

      というのが僕の考えですが、参考程度にとらえてくれればです。

  4. 管理人 より:

    限界突破さん

    はじめまして。管理人です。

    職場の4つ上の方に恋をされているのですね。
    思い切ってデートに誘ったら彼も応じてくれて、そこまではOKって感じ。
    だけど一方でそのデートの翌日に別の人とライブに行くということがわかって
    色々と混乱されているという感じなのですね。

    職場の人だから気まずくて断れないということはないですよ。
    だって相手は先輩なわけですし、断るのが悪いと思っていても
    適当にその場でお茶を濁してうやむやにしていかないようにしますから。

    その例の先輩女子と限界突破さんは僕は並んでいると思います。
    本命のほうはライブに誘うってそうでしょうか?

    例えば好きなアーティストの話をして、お互いそこで盛り上がって
    ライブに行こう、ってなるのは別に本命じゃなくてもありうる話ですよね。

    僕もアーティストのライブじゃないですけれど、スポーツ観戦で
    趣味が合う子と別に女性として好きじゃないけど友達として一緒に行ったりしますよ。

    これ以上勘違いされたくないなら、デートそのものをキャンセルします。
    もし本命が固まっているのであればなおさらです。

    そういう意味で今限界突破さんの方が本命という確証はないですが、
    しかし限界突破さんの方がキープということも確信はないと僕は思います。

    なんにせよ、今は彼とのデートが決まっているわけですし、
    そこを全力で楽しむことですよ。
    相手の女性を気にするより、自分のほうが楽しむことを考えましょ!

  5. 管理人 より:

    限界突破さん

    こんにちは。管理人です。

    相談の往復というかレスポンスは全然大丈夫ですよ。
    僕のほうもお返事が遅れてしまうことさえご了承いただければ(笑)

    なるほど。その例の女先輩に対してはスキンシップも多々あるように見えるのですね。
    ただ、4年も一緒に居て、ライブも一緒に行って、ボディタッチもあって、
    それでも限界突破さんとデートに行くって言うことは
    それは逆にその人とは付き合ってないんじゃないかという気もしますけれどね。

    頭をどつかれたりはたかれたりするよりはデートスポットに二人で出かけるほうが
    よっぽどプラスな要素であると僕は思います。

    そうですね。
    何というか、現時点で限界突破さんに対して完璧な脈ありという感じではなくて、
    多分「可愛い何となく気になる女の子」っていう感じなのかなと思います。
    だからむしろここからデートだったりちょっとご飯に行くってことを積み重ねて
    ボディタッチを増やしたり彼からのlineを増やしていく、その途中なんだ、という風に
    思っているほうがいいのかな、と。

    一応改めてお答えしますと。
    >男性はデートに乗り気じゃないときは任せっきりか
    そんなことないですね。決めるのがめんどくさいというのもありますし、
    乗り気だとしても自分の行きたい所に行くより相手が行きたいところに行ったほうが
    失敗しないって思うこともよくあります。

    >やはり好きな人以外にはボディタッチをしないか
    そういう男性ももちろんいます。
    けれど彼の場合はなんというか「どついても大丈夫な人」には
    ボディタッチのハードルが低いんじゃないかという気がしますね。
    そのどついても大丈夫な人というのは好意があるかどうかじゃなくて
    単にそういうノリっぽい人かどうかということかなと。

    >でも好きな人にも頭を後ろからどついたりするのか
    好きな人でも好きじゃない人でも女の子の頭を後ろからどつくのは
    あんまりいないという気がします(笑)
    それこそボディタッチのハードルが下がり、そういうノリっぽい人には
    お笑いのノリでやってるのかもですしね。

    多分彼にとっては「軽口」と同じです。

    うぬぼれて「私のことが好きなんでしょう?」という態度でいたら問題ですけれど
    でも彼の行動で脈がないかも…って思っちゃうのももったいないですよ。
    今は素直に彼とデートに行けることをプラスに思って、
    あとは楽しむことだと思います。

  6. 管理人 より:

    限界突破さん

    ぶっちゃけ相手の好意って自分が告白するタイミングまではそこまで考えなくていいと思います。
    それまでは無邪気でいてOKかなと。

    無理に励まそうとしているわけでもなく、本当にこれからだと思います。

    お問い合わせは使ってもらってもOKなのですが、
    ちょっと内部事情でお問い合わせだと気づきにくいというのと
    お問い合わせ⇒僕の返事⇒その返事、という流れになった時の
    「その返事」部分がさらに僕のほうが見落としてしまいやすくなっており…。

    そういう意味でコメントを使ってもらうとありがたいなあという感じです。
    でも不安であればお問い合わせのほうを使ってくれてもいいですよ。

    僕のブログはほとんど男性が見てないので大丈夫かなとも思いますが(笑)

    どちらでもどうぞですー。