脈あり・脈なしの男心

電話したのに折り返しせずラインで返す男の心理とは。電話好きの僕でもLineしちゃう時とは。

電話を折り返さずにlineで返事する
彼とちゃんと話をしたくて電話をしたけど電話を無視してくる。
何回か掛けても繋がらず…。
反応があったと思ったら電話の折り返しではなくLineで済ませてくる。
そしてもう一回電話してみたらやっぱり無視…。

人間は二つに分けることが出来ます。
電話が好きか、Lineが好きか、です。
そして僕は電話好き。逆にLineのやり取りはどちらかと言うとめんどくさい。

そんな僕でさえ、電話をしたくないと思う時があったりします。
そして冒頭で触れたような彼女の電話を無視してLineだけで済まそうとするときがあるのです。

なぜline嫌いの僕でさえLineで済まそうとするのか?
その男心を洗いざらい吐きます。

電話したのにlineで返す男の二大心理

電話したのにあえて折り返しせずラインで済まそうとする男の心理。
2つ紹介しますが、ぶっちゃけ一つ目8割、二つ目2割という感じです(笑)
それが次の二つ。

  • 話の展開を想像し、分が悪いと思うので電話を避ける
  • 疲れて話す気力がない

話の展開を想像し、分が悪いと思うので電話を避ける

電話好きの僕でさえ電話を避ける一番の”あるある”パターンがコレ。
電話した後の会話がイマイチだと思うと電話から逃げちゃうってやつです。

例えば喧嘩した時に彼女から何度もコールがあるとします。
本当はそのコールに応えなきゃいけないのはわかってる。
むしろこのコールに応えないことで余計相手をイラつかせてしまっているのもわかってる。

だけど、もし電話したとしたらどんな話の展開になるだろうか?
脳内シミュレーションで色んな会話パターンを事前に妄想します。

Aパターンは…お互いきつい言葉の応酬になっちゃうな。ナシ。
Bパターンは…彼女からグチグチ言われそうで嫌だな。ナシ。
Cパターンは…ある程度話したところで彼女のマグマが噴火しそうだな。ナシ。
Dパターンは…拗ねて別れるって言っちゃいそうだな。ナシ。

…と。
まぁもちろんこんなきっちりパターン分けで妄想するわけじゃなくてなんとなーく「どんな会話しそうかな」で考えるんですけれどね。
でも結局いろいろ考えた結果、導き出された結論が「このまま電話してもプラスにならないな」ってことなんです。

だから僕の場合、もうラインをとりあえずポンッておくって後はスマホを遠ざけて布団を頭からかぶって

ぽらる
ぽらる
もう今日の俺は閉店ですもう今日の俺は閉店ですもう今日の俺は閉店です…

って言いながら寝ちゃいます(笑)

もちろん喧嘩する時ばかりの話ではない

ちなみに…。
例としてわかりやすいので喧嘩のパターンを出しましたが、なんとなーく気まずいとか会話することなさ過ぎて沈黙が多くなりそうな電話の時はLineで済ませちゃおうと考えることもあります。

特に付き合い始めのころは多いかなー。

あと、まだ彼氏彼女の関係じゃない時もたまーにありますね。
電話しても盛り上げられる自信がなくて「今日の所はLineで勘弁してください」的な時がね(笑)
まぁでもこれはたまーにですね。

疲れて話す気力がない

もう一個は割とわかりやすい気持ちかもしれませんが、疲れて話す気力がないって状態ですね。

僕はlineより電話の方が好きな理由って言葉のニュアンスまで全部伝えられるからです。
同じ「疲れた」という言葉でも電話だと駄々こねてるみたいに「もうつーかーれーたー(´・ω・`)」みたいに伝えられる。
でもlineで「もう疲れた」って文字にして送るとなんかめちゃくちゃ思い詰めてる見たいじゃないですか?(笑)

だから僕は自分の言いたいことを変に気を回さないで言える電話の方が基本的に好きなんです。

だけどもあります。
それは自分が本当に冗談も言えないくらい疲れてたり、あるいはイライラしてたりと精神的に不安定だったり…。
そんな時に電話をすることでその疲れとかイライラが伝わってしまうのがいやな時です。

それは心配をかけたくないのもあるし、変に心配されすぎても逆にめんどくさいなって思いがあったりするからです。

僕も段々年を取るにつれて厚かましくなって「別に疲れてても電話してええか」って思えるようになってこれましたけど(笑)
でも昔はカッコつけたい思いも相まって折り返しせず電話出来ない時も割とありました。

あ、ちなみにこのパターンの時もLineを送ってから布団を頭からかぶって

ぽらる
ぽらる
もう今日の俺は閉店ですもう今日の俺は閉店ですもう今日の俺は閉店です…

ってやってましたね(笑)

電話にこだわるべきか?一旦ラインでOKにするか?

さて、彼が電話で折り返しをしてこないことに対してやっぱりどうしても電話で話したいからもう何回か掛けてみるべきか?
それとも一旦lineでOKにするか?

僕はLineでOKにしてあげたほうがいいと思います。
というのも『女の子から何度も電話で連絡がある』という状態はもうそれだけで余計に電話したくなくなるからです。

先ほどもお伝えした通り、電話してもあまり良い結果にならないと思うから電話しない状態、あるいは電話をする気力もない状態です。

その中で何度も電話があれば

ぽらる
ぽらる
うわやべー絶対怒ってるよ…。電話せんとこ

ってなるか

ぽらる
ぽらる
もう疲れてるのになんだよ

ってなるか。
いずれにせよあまりプラスに働くことはなさそうです。

一旦lineでOKにするというのは十分ありな判断だと僕は思います。

気分的な要素も大きく電話を掛けるタイミングも意外と大事かも…

彼が電話を折り返さずラインで返信するのは、気分的な要素も大きいです。

例えば電話して何となく分が悪そう、というのも結局はその時の妄想に過ぎず、何となく気分的に盛り上がってる時は

ぽらる
ぽらる
彼女もちょっと怒ってるかもだけど…。今の俺ならちゃんと話せるっしょ!

みたいな判断になる可能性は十分あります。
疲れて気力がない時は言わずもがな、ですね。

そういう意味で電話をするタイミングによって同じ状況でも彼の反応が違うということはあるのです。

例えば金曜日の夜は明日からおやすみ出何となく気分が晴れてるから電話もしやすいかもだし。
逆に火曜とか水曜辺りは割とげんなりしてるかもですしね。

ま、この辺はあまり考えすぎると電話出来なくなっちゃうので、多少電話に出る確率を高めるなら…くらいの軽い受け止めでOKです。

むしろ僕が今「電話に出ないのは彼の気分的な要素にも左右される」と書いたのは「ま、下り坂だったんかな。また次だな」って理由付けできる材料にして欲しいからです。
たまたまタイミングが悪かっただけかも、って思えれば必要以上に焦ったり不安に思うこともないですから。

そもそも彼がいつどんなタイミングでテンションが上がって、逆にどんなタイミングで下り坂なのかなんてわかんないですしね。
彼の気分を細かく察知する必要だってないわけです。お互い対等な恋愛なんだから彼のご機嫌や顔色を細かに気にする必要なんかないです。

まとめ:電話をしたのに折り返さずラインで返す心理とは。

改めて今回の記事を振り返りますと…。

  • 電話を折り返さない心理は大きく二つ。電話しても分が悪いと思ってるか、疲れて気力が湧かないか。
  • 彼の心理を踏まえれば、いずれにせよ電話にこだわるよりはLineで一旦済ませるのはアリ。
  • 電話かラインかは彼の気分にも左右されがち。もし折り返しがなくても彼が気分的にイマイチだったと捉え必要以上に落ち込む必要なし!

電話って結構前のめりな感じなのに、そこでLineで返されるとちょっとスッ…と引かれた感がしちゃうんですよね。
その温度差みたいなのでちょっとモヤモヤしてしまうのはわかります。

でも決してその感じてる温度差がそのまま二人の関係性の温度差な訳ではないので…。
彼には彼の(主に一時的な)電話しない理由があるだけです。

あまり過度に心配しすぎず、まずはLineでやり取りしてみるといいですね。

とりあえず今すぐに彼の脈あり・脈なしの心理を知りたいなら

彼の分かりにくい行動から脈ありや脈なしの心理を掴むのって大変ですよね。

脈ありなのかな…。脈なしなのかな…。このままアプローチしてみてもいいのかな…。

今回ご紹介したような心理を勉強したり、自分で彼の心理をあれこれと考えたり。
それってとても大事なことではあるんですけど、でも考えても答えが見えない時ってありますよね。

僕も自分自身の恋愛で考えて悩んでそれでも答えが出なかった時があるんですね。
次何をすればいいか全くわかんなくなった時が。

そんなとき、僕がどのようにして答えを見つけたのか。
それは今回紹介したような心理を自分で考えるのとは全く別のアプローチでした。

ちょっと裏技っぽい方法ではありますが…。
とにかく今すぐに彼の気持ちに気づくためのきっかけを手に入れたいのであれば、使ってみる価値はありますよ。

次の記事にて紹介していますので、ぜひご覧ください。

⇒本気で彼の心を掴みたい人へ

恋女の味方
ぽらる@恋女管理人
ぽらるです!
色んな恋愛の場面での男性心理を「僕自身どう考えるか」を大切にブログでお届けしています。
僕の記事が少しでもあなたの恋路に役立ちますように!
\ Follow me /