社交辞令か本気か

また連絡するねに対する返信の仕方は?社交辞令で使ってるの?

またれんらくするね
気になる男性とご飯を食べたり、一緒の時間を過ごした後に、彼から発せられた「また連絡するね」

表面的にはまた連絡するねという言葉そのものはポジティブな感じに聞こえます。
だって『また』ってことは次があるってことだもんね。

でもどこか不安になっちゃうのは、「また連絡するね」ってどこか定型文というか社交辞令的に誰にでもいいそうな言葉ということ。
なんとなく『こちらから連絡しない限りはフェードアウトってことだよ』的な意味合いが含まれてるんじゃないか…とも感じちゃうからですね。

今回は男性目線で「また連絡するね」に込められた意味や実際に言われた時の返事・返信の仕方、また相手の連絡を待たずにこちらから連絡していいのか?
ということについてお伝えしていきます。

  

また連絡するねは社交辞令なのか?

また連絡するね、って言葉ってとても罪深い言葉だなあと思います。

だって、社交辞令で使う言葉にしては随分と期待させる言葉ですしね。

そして冷静に僕自身を振り返ってみると、本命の相手にももちろん言いますが、社交辞令的に使ってる場合もあります。

しかもタチが悪いことに「もしかしてこの人僕のこと多少なりとも好きなのでは?」って状況の時に結構使ったりします…。

例えばたまたま何かの都合で二人でご飯に行ったときとかで、何か相手が積極的だな~と思った時は、ちょっと距離を置きたいがために「また連絡するね」的な感じでちょっと壁を作るようなイメージです。

これは冒頭でも触れましたが、「こっちから連絡するからそっちからは特にリアクション起こさないでね」的な意味もなんとなく込められてます。

なんとなく、というのはこの言葉を発している時にそこまで自分の中で明確にそうした意味で言っているわけではないからです。

心理的には「うーん、別に嫌いじゃないんだけど、今グイグイ来られるのも嫌だしな~」くらいの相手にこの「また連絡するね」という言葉を使っています。

脈なしでもないけど、現時点ではそこまで脈ありじゃない、ということですね。

このようにまた連絡するね、という言葉は社交辞令的に使う場合もあります。

ただ、当然本命の相手にも言いますよ。
そして厄介なことに本命の相手にも同じようなシチュエーションで同じように「また連絡するね」と伝えます。

つまりたまたま何かの都合で二人でご飯に行って本当にまた二人で会いたいときに「また連絡するね!」と伝えるということもあるということです。

と、このように男性側の心理をお伝えすると、本命のパターンもあるし、社交辞令のパターンもあるというのが正直な所です。

また連絡するねと言われた時の返信の仕方は?

ということで、また連絡するね、という言葉だけでは男性側の心理を完璧に判断することができない以上、もしこの言葉を投げかけられたのであればこちらもちょっとぼやかした距離感で返事するのがおススメです。

例えば「わかった!楽しみにしてるね!」とかね。
男性側が社交辞令であれ、本命であれ、こんな感じで前向きに明るい感じで返事しておけば、男性としては悪い気はしません(笑)

もし本命であれば、再度連絡しやすいですしね。

僕みたいに言葉遊びが好きな人間であれば、あえて「わかった!社交辞令じゃないと信じておく(笑)」みたいに逆にこちらから先に言っちゃう、ってのも結構いいです。

僕が女の子からこの返事来たらやっぱり社交辞令であれ、本命であれ、「この女の子おもろいやんけ」って思いますね(笑)
やはり悪い気はしないです。

と、このように本命かそうでないかはっきりしない時は、こちらもどっちとも取れるようなお返事の仕方がいいですよ。

また連絡するねと言われた後こちらから連絡ってOK?

また連絡するね、と言われてそのお返事をとりあえず返す。

ここまではその場で完結する流れです。
ところがこの先に問題になるのが、また連絡するね、といわれてからそのまま連絡が来ない、というパターンです。

この場合、正直言うと社交辞令パターンだった可能性が高いです。
本命であれば、大体の場合何かしらアクションがあるはずですから。

で、このように相手から連絡がない場合、逆にこっちから連絡するのはどうなのか?というと…。

僕的には『アリ』です。
連絡してみる価値はあります。

その理由としては先ほども触れたようにまた連絡するね、という言葉は脈ありではないけど脈なしでもない、という微妙な気持ちから出てくる言葉であることが多いのです。

つまりこの状態であるなら、自分からは連絡しないけど、相手から連絡やお誘いがあればじゃあちょっと乗っかってみようか、という気持ちになることはあります。

実際、僕自身も今一つ本命じゃないかなーと思っても、相手から誘われたら(そしてその時他に本命がいなければ)会いに行くことはあります。

そして、また会ってみると「あれ、この子この前よりも魅力的だ!」って思うことは結構あります。
(言うまでもないですが、実際に会ってるときはこんなセリフ口調で考えてたりしないですよ(笑))

なので、こちらからもう一度連絡してみるのはアリ、です。

逆にそれで誘っても全く応じる気配がないのであれば、それはかなりチャンスが薄いということでもあるので、切り替えるタイミングなのかもしれませんね。

まとめ:また連絡するねは本命も社交辞令の時も。返事は距離感を保って

今回の話をまとめると…。

  • また連絡するねという言葉は本命の時も社交辞令の時もある。
  • 返事するときは相手がどちらの心理でも対応できるよう、同じようにちょっとはぐらかしながら返事すべし
  • 相手からの連絡がない時もこちらから連絡する価値はある。そこからチャンス拡大の可能性も十分考えられる。

言葉単独で判断せずに、そのあとの行動を見てみたり、少なくともこうした言葉を言ってくれるというのはマイナスではない、と考えて自分からアプローチして見ることも考えていきましょう!

とりあえず今すぐに彼の脈あり・脈なしの心理を知りたいなら

彼の分かりにくい行動から脈ありや脈なしの心理を掴むのって大変ですよね。

脈ありなのかな…。脈なしなのかな…。このままアプローチしてみてもいいのかな…。

今回ご紹介したような心理を勉強したり、自分で彼の心理をあれこれと考えたり。
それってとても大事なことではあるんですけど、でも考えても答えが見えない時ってありますよね。

僕も自分自身の恋愛で考えて悩んでそれでも答えが出なかった時があるんですね。
次何をすればいいか全くわかんなくなった時が。

そんなとき、僕がどのようにして答えを見つけたのか。
それは今回紹介したような心理を自分で考えるのとは全く別のアプローチでした。

ちょっと裏技っぽい方法ではありますが…。
とにかく今すぐに彼の気持ちに気づくためのきっかけを手に入れたいのであれば、使ってみる価値はありますよ。

次の記事にて紹介していますので、ぜひご覧ください。

⇒本気で彼の心を掴みたい人へ