遠距離恋愛

遠距離恋愛を3年続けたけど先が見えない…。同棲とか結婚とか仕掛けるべき?

遠距離で先が見えない遠距離恋愛って僕もやりましたけど、本当にギリギリの所で繋がってるなあってよく感じてましたし、難しいですよね。
ほんの些細なことが不安になったり、ちょっとした相手の行動で考えすぎちゃったり…。
でも好きな気持ちがあるから頑張れる、って感じですよね。

そんなこんなで遠距離恋愛を3年続けた。
これってすごいことです。
だけど一方で「これから」に目を向けるとまるで進展する感じがしない。
いつまでこの遠距離が続くの?って感じですよね。

今回は遠距離を3年続けた末に結局別れてしまった僕の反省から先が見えない時のアドバイスをお伝えしていきます。

  

遠距離恋愛は緩やかな衰退である

僕の経験から言うと、遠距離恋愛って緩やかな衰退です。
なので時間が経過したまま何もしないとほぼ確実に破局に向かいます。

これは好きという気持ちだけではどうにもなりません。
もちろん好きという気持ちがあれば破局に向かうまでのスピードはゆっくりになりますが。

僕の3年続いた遠距離恋愛が終わった時もお互いに好きという気持ちはありました。
が、将来のことを考えた時交わることはないんじゃないか?と相手(彼女)が感じてしまい、それを解消できずに別れてしまいました。

冷静に考えてみてほしいのですが、結婚する・しないにかかわらず遠距離で付き合い続けるってしんどいですよね。
仮にお互いに結婚に興味がないとしても、じゃあ普段全然会えない恋愛をいつまでも続けるより、適度に会ってくれるそれなりの人のほうが満足感高いわけですし。

だから遠距離をずーっと続けることって出来ません。
近くに住むか、別れるか。
最終的にはこの選択を迫られることになります。

遠距離恋愛を3年やって先が見えないなら手を打ったほうがいいよ

遠距離恋愛で先が見えない状態であれば、具体的に行動したほうがいいです。

例えば僕の場合、今でも後悔しているのは彼女の親に挨拶するべきだったとか、会社を辞めるタイミングで彼女の近くに引っ越すべきだったとか。
既成事実的にどんどん外堀を埋めていったり、結婚することを前提として動くべきでした。
そうすれば少なくともその時は別れていなかったのかな、と感じます。

言葉で「将来のこと考えなきゃね…」的なボンヤリした感じでお互い言っててもダメです。
そりゃー遠距離恋愛を始めたばかりのころはそれでもいいですよ。
でも3年たったらもう動き出さないと手遅れになります。

引っ越しとかハードルが高いかもですが、でも将来的にはいずれどっちかがやらなきゃいけないわけですしね。
今は無理なのだとしたらせめていつ頃近くに住むかという時期をお互い意識するなり計画したほうがいいです。

それも無理なら親に挨拶ぐらいはしておくとかね。

何にせよ3年たっても先が見えないと感じたら何か具体的な行動を起こしたほうがいいです。

残酷な言い方ですが、それが出来ないのであれば遅かれ早かれ破局しか道が残らなくなります。

同棲や結婚というきっかけって実はかなり大事

結局、恋愛って最終的に結婚がゴールなのかなと感じます。
「多種多様な生き方が~…」とか言うのはわかりますが、今はそういう話ではなく。

特に遠距離って「いずれは一緒になろうね」があるからやれるものですよね。
その「いずれ」が見えないのであれば、もう前提から崩れてるってことですから。

そういう意味で同棲や結婚ってすごくいいきっかけですよ。
「今はまだそういうの早いんじゃない?」って思ってたら手遅れになりますから。

ぶっちゃけ僕も多少強引にでもまず彼女の近くに引っ越して、勢いで結婚しちゃえばよかったなって思いますもん。
やったもんがちなんですよ、そういうのは。

愛さえあれば乗り越えられるとは思わないで。
本当にあっさりと愛があっても別れちゃうときはあるんです。
だからもし繋ぎ留めておきたいなら本気で一緒にいる計画を立ててください。

僕のように後悔しないように。

まとめ:遠距離で3年付き合って先が見えないと感じたら…。

今回お伝えしたことをざっくりまとめると…

  • 遠距離恋愛は緩やかな衰退。時間が経って何もしなければ待っているのは別れ。3年というのは節目の時期。
  • 先が見えないと感じたら具体的な行動を。近くに住むなり、相手の親に挨拶するなり外堀を埋めるべし。
  • 同棲や結婚を考える。まだ早い、なんてことはない。すぐに同棲や結婚が無理でもはっきりとそこを目指すべき。

遠距離恋愛はどんな結末にせよいずれ『終わる』ものです。
3年と言うのはもうその終わらせ方を真剣に考えていい時期です。

お互い「好き」って言ってるだけでは不安を取り除くことはできないです。
実際に将来を意識する具体的な行動をすることによって先が見えるようになります。

幸せな遠距離恋愛の終わりを迎えられますよう。

遠距離恋愛のピンチを何としても乗り越えたい人へ

それにしても遠距離恋愛って本当に大変ですよね。
僕も遠距離経験者だから痛いほど気持ちがわかります。

どんなに頑張ったって会えない時間のほうが圧倒的に多いわけで…。
今回紹介したように相手の心理が見えなくなるようなことが一度起きると、もう心の中はパニックになってしまいますよね。

実は僕も自分自身が遠距離恋愛をしている中で相手のことがわからなくてかなりピンチになったことがあります。
もう別れる1歩手前、みたいな。
マジで絶体絶命でした。

相手の心理も全然わかんなくて、いくら考えても答えも出ないし、自分がこれからどうすればいいかもわからない。
そんなとき、答えを手に入れたのは普通とはちょっと違う意外な方法でした。

もうどうすればいいかわからない…。
そんな人はぜひ次の記事を読んでみてください。
あなたにとってものすごく重要なきっかけになるはずです。

⇒遠距離恋愛でもう次にやるべきことを見失ってしまった人へ